医師に患者さんの正しい状況を伝えることも重要です。

病院勤務の現場では、患者さんの全てを医師が常にみられるわけではありません。日常的に多く接するのは、医師ではなく看護師であり、日常の中で気づいたことをしっかり伝達することで、患者さんの治療精度を高めることができるのです。

特に訪問看護師は、主治医と患者さんを結ぶ役割もしています。医師から定期的に指示書を出してもらうために、患者さんの状況を正しく伝えます。そのためには、患者さんやその家族から、医師に伝えて欲しいことなどを、正しく聞き取ることも必要です。
患者さんが自分でできることは、本人に任せましょう。看護をしていると、患者さんのためになるだろうと思い、患者さん本人ができることまで看護師が手を出してしてしまうケースがあります。器具の使用法、複雑なことや難しいこと、間違いやすいことなどは看護師が担当してもよいです。しかし、患者さんやその家族ができることはきちんと伝えて、自分たちでやってもらいましょう。介護の域にはなりますが、トイレに行くなどもそうです。まだ自力でトイレに行くことができるかもしれない患者さんに、身体が楽だからといってベッドでの排池を促してはいけません。筋力がどんどん低下していきます。看護には、患者さんがより人間らしく、自分のペースで生活できるように、手助けすることが求められます。患者さん本人ができること、患者さんの家族ができることは、任せて見守っていきましょう。

 

また訪問看護師は、多くの疾病のケアをします。患者さんがたくさんいるということは、疾病もたくさんあるということです。訪問看護師をする以上は、患者さんのさまざまな疾病を、いつも勉強しておきましょう。高齢者の場合は、いくつかの疾病が重なり合っていることも多くあります。また、新たな治療法を探している患者さんもいるでしょう。訪問看護師が通常において勉強を重ね、患者さんのためになる最新情報を伝えていくことは大切なことです。