療養型病床における看護師の仕事

療養型病床における看護師の仕事

療養型病床とは、医療処置が必要な比較的安定している患者が入院する病床でした。看護配置が20対1(患者20名に対して看護師1人)など、看護師の定数が少ないことが特徴でした。しかし、社会的入院であることから問題視されていました。そこで、2017年に療養病床制度が大きく変わりました。
I型:介護療養病床に相当:看護スタッフによる喀痰吸引や経管栄養などの医療行為が頻繁に予想される病床で、24時間の看取り、ターミナルケアにも対応した施設です。看護師の配置は、6対1(医師は48対1)。
II型:介護老人保健施設に相当:老健は三か月ごとに入退所の判定を実施することです。I型よりは、比較的医療・介護の状態が安定している患者を受け入れる施設です。看護師の配置は、介護職員と合わせてよく、3対1(医師は100対1常勤1名以上)。
医療外付け型:医療機関プラス有料老人ホームという新しいタイプの介護サービスです。
療養型病床での看護師の役割は、他の医療職また、福祉介護職とのチームワークが求められます。入所した人が安全に生活できるように、医療の専門職として患者の健康状態を観察し生活を守ることです。医療処置や全身状態の観察、合併症の予防や急変時の対応、病棟の感染対策や「ターミナルケア」と呼ばれる看取りの看護、リハビリテーションなど、医療の専門職として期待される役割は幅広いものです。患者の高齢化・医療の高度化が進むなかで、看護師の的確な判断と生活者としての視点が求められる場です。

admin